【LINE】スマホ1台でID(アカウント)を複数作成できるぞ!

PAK86_iphone6egao20141221141221500-thumb-1200x800-5810

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/

スマホ1台あれば
LINEで複数アカウント(ID)を
作成することができます。

基本的には1端末1アカウントですが、
ちょっとしたテクニックを使えば、
いくつでもアカウント(ID)が作れます。

今回の記事では、
【LINE】スマホ1台でID(アカウント)を
複数作成できるぞ!
という内容を
見ていきたいと思います。

PAK86_iphone6egao20141221141221500-thumb-1200x800-5810

複数アカウント(ID)の使い方について

LINEの場合はTwitterのように、
アプリ内にアカウントを複数追加し、
切替えて使う〜ということができません。

さらに、
ログアウトという機能がないのて、
同一端末でアカウントを切替えるには、
削除して再インストールする必要があります。

複数アカウントを作成して使い分けるには、
普段使っているスマホの他にも
PCやタブレットが必要です。

まぁ、最も簡単な方法は、
スマホの2台持ち」だと思いますが。

2台分の料金を払うのは…という場合は、
PCやタブレットでサブアカウントを使いましょう。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

複数アカウント(ID)の作成方法

この詳細手順に関しては
こちらの記事で解説しています。
>>【LINE】複数アカウントを作成する方法【iPhone/Android】

  1. メインアカウントで
    メールアドレスの登録をしておく
  2. Facebookアカウントを作成しておく
  3. サブアカウントに登録する
    フリーメールアドレスを準備する

この3つの準備を事前に行っておけば、
後は手順通りに操作していくだけで
サブアカウントを作成することができます。

PAK25_pctoiphonewokushi500-thumb-715x500-3552

最後に

【LINE】スマホ1台でID(アカウント)を
複数作成できるぞ!
という内容を
今回の記事では見てきました。

  • 複数アカウントを作成しても、
    同一端末で切替えて使うことは難しい。
  • もし同一端末で使うのであれば。
    LINEアプリを削除→再インストールを
    繰り返さなければならない。

複数アカウントの作成自体は
特に難しいことはありません。

作った後が大変、
という感じですね^^;

基本的には1端末1アカウント
ということを忘れないでおきましょう。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【学校で18禁マンガみたいなエッチしよ!~妄想をリアルにしちゃう超能力~】
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>