【LINE】IDを登録する意味って?メリット・デメリットまとめ

id-logo-suur_520x478

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/

LINEのID、
あなたは設定していますか?

IDを設定せずとも機能は使えますが、
友達とLINEの交換をする時なんかは
IDがあった方が便利。

ですが、ひょんなことから流出して、
見ず知らずの人から友達に追加される
ということも起こり得ます。

今回の記事では、
【LINE】IDを登録する意味って?
メリット・デメリットまとめ

という内容を見ていきたいと思います。

id-logo-suur_520x478

LINE IDを登録する意味って?

LINEのIDは
半角英数字20文字以内で設定できる、
簡単なアドレスのようなもの。

電話番号を教えなくても
友達になれるので、
便利な機能であることには
間違いないと思います。

が、先ほども述べたように、
IDを設定せずともLINEは使えます。

「実際のところ、
設定した方がいいの?」

ということで、IDを設定する
メリット・デメリットを
それぞれまとめて見ていきましょう。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【デキちゃうけど、ナカでもいいよね。】

IDを設定するメリット

友達を増やす機会が多い人は、
IDを設定しておくことをおすすめします。

QRコード、ふるふるなどでも
友達に追加することはできますが、
それぞれにちょっとしたデメリットも。

QRコードの場合はその場で読み取るか、
メールで送信・受信しなければなりません。

その場で友達になるならいいものの、
遠方の人と友達になるには
メールの送受信が必要です。

ふるふるの場合は範囲が半径1kmと
なかなか広範囲になっていますが、
見ず知らずの人が表示される恐れも。

IDであれば確実に伝え合うことができますし、
どこにいる相手とも友達になれます。

IDを設定するデメリット

B03edFxCYAAja7Z

強いて言うなら
スパムアカウント」から
コンタクトが来る点でしょうか。

ただ、頻繁に来るわけではありませんし、
普段はID検索の許可をオフにしておけば、
このようなことはありません。

必要な時にだけオンにすれば、
ほとんどの場合問題ありません。

結論

LINEを便利に使うのであれば
IDを設定しておく方がいいでしょう。

普段は検索許可をオフにしておき、
友達に追加してもらう時にオンにする。

こうすれば、
スパムアカウントからのコンタクトも
ほとんどありません。

遠方にいる人に伝えるのも簡単ですから、
友達を増やす機会が多い人は特に
IDを設定しておくといいでしょう。

▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【初エッチの相手は…妹!?】

マンガを一冊まるごと”無料”で読む方法

何ページかだけの試し読みじゃ物足りない・・・そんな時は「U-NEXT(ユーネクスト)」を活用しましょう。

U-NEXTに登録すると、31日間の無料お試し&600円分のポイントをゲットできます。

そのポイントで好きなマンガを買う→無料お試し期間中に解約する、この手順で1冊まるごと無料で読むことができます。

※詳しい手順はこちらから確認できます
▶▶U-NEXT(ユーネクスト)で好きなマンガを1冊まるごと無料で読む方法

※今すぐ利用する場合はこちらから※
▶▶U-NEXTで今すぐ無料でマンガを読む
/
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【学校で18禁マンガみたいなエッチしよ!~妄想をリアルにしちゃう超能力~】
▼▼下のマンガ画像をタップすると▼▼
▼▼立ち読みすることができるよ▼▼

【妹と…しちゃった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>